「高齢者のアルコール依存症」~回復へのアプローチ~

SC1004
形式: DVD
時間:36分
定価:本体9,000円(+消費税)
2009年7月製作
【監修】安田美彌子 名寄市立大学保健福祉学部看護学科教授
          日本アディクション看護学会前理事長
          日本アルコール関連問題学会理事

【概要】
厚生労働省の調査では、1日120g(ビール中ビン6本)以上のアルコールを摂取する大量飲酒者は、220万人を超えると推定されています。さらに、アルコール依存者の患者は約80万人を数えると報告されています。なかでも高齢の依存症の人は年々増加し、70歳代の人のうち約3%がアルコール依存症であると言われています。なぜ今、高齢者にアルコール問題が増えてきているのでしょうか?若年・中年層とは何が違うのでしょうか?
このDVDでは、高齢者特有の問題を踏まえながら、様々な回復へのアプローチ事例を、回復者のインタビューを交えて紹介します。

SC1004-1

【内容】
○「アルコール依存症とはどのような病気なのか?」
○「高齢者のアルコール依存症の特徴は?」
○「どのように対応しているのか?」 
 ・医療機関での対応:医療法人社団 榎会「新大塚榎本クリニック」
  ……朝から夜の9時まで、一日過ごせる「シルバーデイナイトケア」
  ……断酒だけでない個別の柔軟な対応、精神科の訪問看護等 
 ・地域包括支援センターでの対応
  ……ケアマネジャー、保健師、社会福祉士、施設職員、民生委員などによる「ケースカンファレンス」等
 ・自助グループでの対応:リブハウス(練馬区高野台)、三鷹市断酒会等
  ……仲間が集うセルフヘルプグループや回復者の体験談等

販売価格(税別)
¥9,000
在庫状態
在庫有り
数量