「重症心身障害児・者の呼吸リハビリテーション」
~生活を支援するための実践的呼吸ケア~

SI1001
形式: DVD
時間:48分
定価:本体15,000円(+消費税)
2012年7月製作
【監修】金子断行 心身障害児総合医療療育センター ・理学療法士
    花井丈夫 横浜療育医療センター ・理学療法士

重症心身障害児・者への日常的な呼吸ケアの重要な担い手は、医療の専門職のみならず、特別支援学校、福祉施設等で関わる介護スタッフや家族の人たちも重要な担い手です。重症児・者の呼吸ケアに関する共通の理解と支援方法を知り、関係者が一致して呼吸ケアを実施することは、大変大切なことです。このDVDでは呼吸機能の生理的な面のみならず、発達という面も重視して、長期的な戦略を持って対応する呼吸リハビリテーションと応急的に対応する実践的呼吸ケアの二つを紹介します。


 
呼吸A1呼吸A3

□ 呼吸障害と呼吸リハビリテーション

 重症心身障害児・者の呼吸リハビリテーションは、呼吸機能の発達を促進させるよう、継続的に支援するためのものです。基本的に行動障害に呼吸器の病気が合併することで生じた機能障害に対して行なわれます。

□ 呼吸機能の発達について
  子どもの肺は大人の肺を小さくしたものではない など。

□ 呼吸ケアとは
 重症児・者の呼吸ケアは、呼吸状態の安定と軽快さを支援することで、苦痛や絶えざる努力 を改善し、人間らしく心地のよい日常生活の実現を支援するためのものです。重症児・者に 日常的に行える、また行うと良い呼吸ケアは、換気制限、排痰困難、体位変換困難、姿勢 保持困難、痛み、筋の過緊張などが対象になります。 

□ 実技
(1)呼吸ケアの基本・・・花井丈夫
①身体への触り方
②ポジショニング
       気道確保を含めたポジショニングについて
       必要に応じた簡単な姿勢保持具について
       呼吸の援助について
③体位変換
       緊張させない円滑な体位変換について
④呼吸介助・排痰介助
(2)包括的呼吸ケア・・・金子断行
在宅の重症児を訪れます。訪問リハビリでの一連の流れから、呼吸機能の発達支援 を含めた包括的な呼吸ケアを見ます。

 

販売価格(税別)
¥15,000
在庫状態
在庫有り
数量