「発達障害のある子どもと話すポイント」
~コミュニケーション力を高めるために~
第2巻 自閉症スペクトラム(ASD)編 (全2巻)

DD1007

第2巻 自閉症スペクトラム(ASD)編
形式:DVD
時間:49分
定価:本体12,000円(+消費税)

2013年2月製作

【監修】湯汲 英史 早稲田大学教育・総合科学学術院前教授 / 公益社団法人発達協会常務理事
    一松麻実子 上智大学非常勤講師 / 言語聴覚士
    龍泉 満季 公益社団法人 発達協会 リハビリテーション室 / 言語聴覚士>

【制作協力】公益社団法人 発達協会

就労も含めて社会生活を送る上で、コミュニケーション力は決定的に重要です。しかし、発達障害のある子どもにとって、他の人と意思の疎通を図ることは、その障害特性などからさまざまな困難を伴い、気持ちを伝えたり理解したりすることを阻害するだけでなく、ひいては人間関係をも悪化させることとなります。また、彼らに関わる教員・専門職・保護者にとっても、障害特性を知ることやそのコミュニケーションの特性を理解することは、子どもとの意思の疎通を図る上でも、子どものコミュニケーション力を高める上でも大変に重要です。このDVDでは、発達障害のある子どもが、コミュニケーションを取る際、何に困難を感じているのか、また、それらを解決するためには、具体的にどういった対応をすれば良いのか、その方法を紹介します。

DD1006-1

 ■第2巻 自閉症スペクトラム障害(ASD)編(49分)

☆ワーキングメモリーとは

1 関わりを求めてこない時期

2 ジェスチャーやサインなども多用する

3 質問に答える

4 理由が言えない

5 わかりにくい「もしも」の仮定文

6 振り返る力

7 感情のコントロール

8 決定権の誤解を解く

9 伝わりにくい曖昧な表現

10 わかりにくい指示代名詞

 

販売価格(税別)
¥12,000
在庫状態
在庫有り
数量